ドリンクタイプ

セサミンでコレステロール値の吸収を抑えられる?

健康のために毎日の食事に取り入れることが推奨されている「ごま」。
ごまの成分セサミンは特に注目を集めていますが、なんといっても強い抗酸化力を発揮するすごい成分だということです。
セサミンは、増えすぎた悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化を防いだり、アルコールの代謝を促し、肝臓を守る機能があるというのです。

そもそもコレステロールが増えてしまう原因とは何でしょうか?
私たちの体では、活性酸素が常に発生しています。
活性酸素により細胞が酸化し、老化が進んでしまう原因に。

活性酸素が増えて肝臓の働きが衰えてくると、肝機能が低下しますので、日常的にだるさを感じたり、女性の方は肌のハリがダウンするなどの変化を感じます。
それだけでなく、悪玉コレステロールが増えてしまうと、動脈硬化の原因になるから恐ろしい!
肝臓の機能が衰えると、生活習慣病にもかかりやすくなるため、活性酸素を溜めて体が酸化しないようにする必要があるのです。

そこで、セサミンが肝機能の働きをバックアップしてくれるのです。
体内の活性酸素のほとんどは肝臓で発生します。
セサミンが他の抗酸化物質と違う点は、強さ。

体内で活性酸素と戦い、肝臓にたどり着けないという抗酸化物質が多い中で、セサミンは血管から肝臓に到着してから抗酸化物質に変身する特徴があり、肝臓で存分に力を発揮でき、パワフルさが他とは違うのです。
コレステロール値が高いと言っても、どうしたら良いのか分からないという方、セサミンを摂りながら、規則正しい生活、適度な運動、バランスの取れた食事を心掛けてくださいね!

このページの先頭へ