ドリンクタイプ

セサミンにある抗酸化作用の成分

ごまの栄養成分の中で、セサミンに似た「セサミノール」という成分がありますが、抗酸化作用が強いのが特徴です。
ごま油は酸化しにくい油ですが、私たちの体でも抗酸化の力を発揮してくれるヒントになります。

ごまに元々含まれるセサモリンが、ごまの焙煎過程でセサミノールに変化し、ごま油に含まれます。
このセサミノールは、すりごまなどよりもごま油の方がたくさん含まれています。
油に精製する段階で食物繊維は失われるので、ごま油とごまをどちらも調理で取り入れましょう。

また、ごまにはセサミン、セサミノールの他にも様々な抗酸化物質が含まれているので、注目してみましょう。
ゴマリグナンやセサモール、エビサミンなどがありますが、中でもゴマリグナンの抗酸化力はピカイチ!
実は、ごま油が酸化しにくいのは、このゴマリグナンが脂質の酸化を抑える働きをしてくれるからです。

ご家庭にはサラダ油とごま油を常備している場合が多いと思いますが、しばらく使っていなくても、ごま油独特の薫りは損なわれていませんよね?
これは油の酸化に強いからなんです。

また、ゴマリグナンは実は食物繊維の仲間であり、「ファイト・エストロゲン」と呼ばれています。
大豆と同じように、植物性の女性ホルモンの一種がゴマリグナンって、驚きですよね?
大豆イソフラボンのように、女性ホルモンのような働きをしますので、女性にとってはとくに、良質なごま油を摂ることを推奨します。
セサミン以外にも体にいい成分が豊富に含まれているのです。


このページの先頭へ