ドリンクタイプ

セサミンと大豆イソフラボンの関連性

元来、体に良い食材として日本の食卓で使われてきた「ごま」と「大豆」。
自宅でも洋食中心になってしまうと、なかなか取り入れる機会が少なくなります。
和食を食べる機会が減ったときに久しぶりに和食を食べると、心と体がホッとする感覚になりませんか?
きっとそれは、和の食材を体が求めていた証拠です。

なかなか和食を食べる機会が無いという女性にぜひおすすめしたい、ごまと大豆の組み合わせ。
実はサプリメントでも、ごまのセサミンと大豆のイソフラボンを掛け合わせた商品が話題になっているんです。
中高年齢層の女性は体の変化が大きく、何もする気にならない、と精神的にも辛い思いをする方も多いと思います。

大豆イソフラボンとセサミンの掛け合わせはそんな女性にぴったりなのです。
大豆は畑の肉と呼ばれるほど、食物繊維やタンパク質が豊富な食材です。
大豆のポリフェノールの一種である大豆イソフラボンは、私たちの体が酸化するのを守ってくれます。

イソフラボンは大豆の胚芽部分に多く含まれていますが、水煮などの加工品を買うと、胚芽部分が取れてしまっていることも多く、食事からイソフラボンを摂るのは難しいのが現状です。
一方、セサミンも一日に必要な摂取量をごまで摂ろうとすると、かなりの量になり、現実的には難しいのです。

この二つは、植物性の女性ホルモンでもあるので積極的に摂取して頂きたいのですが、食べ物から取るのは難しいので、サプリメントがおすすめです。
すでにセサミンと大豆イソフラボンのどちらも配合されているサプリメントなら、何種類ものサプリメントを飲む必要がなく続けやすいですよね。
愛飲しているセサミンサプリ、イソフラボンサプリが両方あるのでしたら、これからも続けていきましょう。


このページの先頭へ